読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tachi technical blog

工作とか技術関連の話題を書いていきます

ガルバニック・アイソレータを作る

無線 ラジオ 受信機 ノイズ

アンテナが拾うコモンモード・ノイズ除去のための,ガルバニック・アイソレータを自作してみた.回路はいたってシンプル.左側が入力(アンテナ側),右側が出力(受信機)である.

f:id:Tachi_4423:20160615222906p:plain
キャパシタはなくてもいいはずだけど,へんなオフセット電圧拾うこともあるかもと一応入れてみた.高周波トランスは,Minicircuits社のT1-1というもの.中波からエアバンドあたりまで,挿入損失-1.2dBくらいでカバーしてくれる.
データシートはこちら

f:id:Tachi_4423:20160615222353j:plain

 

ケースはタカチのMB-S1を使用.アンテナ側をBNCのメス(絶縁型),受信機側をBNCのオスにして,アンテナ経路に直接挿入するアダプタ型とした.

f:id:Tachi_4423:20160615222340j:plain

まずはケースにコネクタを取り付ける穴を開ける.どちらもΦ9.5mm.

f:id:Tachi_4423:20160615222518j:plain

高周波トランスは,足を伸ばしてコネクタに直接半田付け.キャパシタはチップタイプを使った.

f:id:Tachi_4423:20160615222700j:plain

ふたをしてネジ留めして完成.

f:id:Tachi_4423:20160615223030j:plain

受信機に取り付けた様子.

f:id:Tachi_4423:20160615223119j:plain

 

挿入損失は,Sメータの読みでもおよそ-1dBほどで,高周波トランスのスペック通り.ノイズは,特に中波帯で効果が顕著だった.千円ほどでできたにしては,まずまず.



作るの面倒な場合はこちら^^
変換コネクタは SMA BNC などで検索すると多数あるようです.